債務整理をすると借り入れできないといわれていますが、本当なのでしょうか? 結論からいうと、これは本当です。 債務整理をした場合、それが事故情報として信用情報機関に登録されます。 そうすると、金融機関から信用してもらうことができないので、一定期間は借り入れできません。 借り入れできない期間は、債務整理の手段によって異なります。 個人再生や自己破産の場合だと7年〜10年、任意整理だと約5年ほどです。 この期間内は信用情報機関に登録されていますが、期間を過ぎると情報が消えるため借り入れできるようになります。 ただし、期間を過ぎたからといって、必ずしも借り入れできるという訳ではありません。 あくまでも、この期間というのは目安なので、もう少し時間がかかる場合もあります。 気になる場合は、信用情報機関に情報を開示してもらってください。 そこで事故情報の記録がないなら、借り入れ可能な状態になっているということです。 しかし、債務整理をした金融機関から借り入れするのは、難しいと思った方がいいでしょう。